ヒルドイドソフト軟膏

商品名:
ヒルドイドソフト軟膏0.3%
主成分:
ヘパリン類似物質(Heparinoid)
剤形:
白色のクリーム剤
この薬の作用と効果について
皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。また使用部位の血行を促進し、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くします。
通常、凍瘡、瘢痕・ケロイド、指掌角皮症、皮脂欠乏症などの治療に用いられます。
次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)、僅かな出血でも重大な結果が予想される。
妊娠または授乳中
他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

日本で「ヒルドイド」として最初に発売が開始されたのがクリームタイプのものです。
1954年の発売から実に半世紀以上も愛されている歴史ある商品です。
ソフト軟膏よりも油分が少なく、べたつきが気になる人にも使いやすい使用感になっています。

しかし、クリームに含まれるアルコール成分が肌に合わない場合は刺激となりかゆみやかぶれを発症する可能性があります。
副作用が起こる可能性はとても低いですが、消毒液でかぶれた経験のある人や皮膚疾患などがあり心配な人はソフト軟膏かローションタイプの方が安心して使用できます。

効能又は効果
血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です